PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大横綱になれなかった白鵬

 応援していた。 日本人以上の日本人に成れると思っていた。

だが、最近の発言や態度には失望してしまった。大鵬親方を超えられるかも知れない大変な偉業を達成した。しかしとたんに審判批判や、自分から人種問題を引っ張り出したのにはもう興醒めしてしまった。天狗になってしまった!如何見てもそう思ってしまう。

確かに日本人横綱待望論やモンゴル力士に対する脅威の様な雰囲気があるのかも知れない。しかしここまで育てられたという意識は白鵬には今まで発言にも見られた。震災に際しては多大な寄付もしているという。恩返しもしたいと言っていた。充分自分の立場をわきまえた大横綱にふさわしい立派なにんげんだと思っていた。それは大部分の日本人はそう思っていたと思う。

反面、思ってはいけないことだが、やはり白鵬はいくら強くても強いだけ。日本の国技その偉大な大鵬を超える事は到底できることはないのだと これ以上気分にまかせての発言や不満を態度に表すことが無い様願いたい。謙虚さこそ日本人になれる。なりたくないようだけれど。 横綱の立場は普通の人間でよいとはいえない。
関連記事

| なんとなく思う事 | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/403-03e225d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT