PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Amazon と 楽天 と Yahoo

地方の電子部品屋さんはほとんど廃業し、ネット通販しか入手方法がなくなった。よく使うのは秋月電子なのですが一律500円の送料。大量に購入する事の無い電子部品は送料が安いところで買うようにしている。マルツオンラインはメール便で対応が可能なので小型部品でよく使う。

アマゾンは安価な中華製品でも送料無料が多い。送料無料のところで買うようにしているが実質合計単価で比較する。しかしいまだ中華品は粗悪とか規格外とかが多い。

楽天、ヤフーは送料で稼いでいる出店が多い。これは安い!と思ったら1000円の小物部品で送料全国一律1080円とか。送料の差額で稼ぐなど姑息なやり方をとっている。クリック詐欺まがい。こんなことをやっている限りアマゾンには負ける。

小物商品では送料は購入者負担でよいと思うが、クロネコDM便、クリックポスト便、定形外郵便、レターパック便などを利用できるようにすべきだ。これなら小規模業者の出店も増加し、ユーザーも選択肢が増え、取引量の増加も見込まれる。ヤフのクリックポスト便はありがたい存在だ。

返品については圧倒的にアマゾンに軍配が上がる。交換よりいったん返品再購入する。他通販は昔からのやり方で出展者有利な体制。購買者は交換してもらえても時間や経費の負担を強いられる。

日本人としては楽天に頑張ってもらわなければならない。ネット通販はさらに膨張すると思う。中国のアリババのような巨大ネット通販業者が出現してもよさそうに思うが今のヤフーや楽天がこんな状態ではアマゾンにやられっぱなしになるのは間違いない。!
関連記事

| 買い物 | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/436-27ca2ba0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT