PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

島根の名湯

昨日土曜日1000円高速で温泉津温泉へ日帰りで行って来ました。


大きな地図で見る

 

石見銀山が世界遺産に登録されましたが温泉津温泉とセットで世界遺産となった貴重な事例です。私自身は古い温泉に特別なこだわりはありませんが、1300年前からの湯治湯は浴槽のコテコテにこびりついた炭酸カルシュームから見て取れます。

共同浴場は元湯温泉と斜め向かいの薬師湯の二箇所。他に古い木造温泉旅館が数軒立ち並びます。明治大正昭和を行きぬいてきた温泉街です。
そのままレトロでも悪くはありませんが寂れています。昭和40年代の熱気が醒めたシャッター通りとなんら変わりはありません。カランコロンの下駄のにぎやかさのような雰囲気は出せないものでしょうか?

 硬く閉ざし、生活観の無い苔生し痛んだ雨戸の軒並みは飾りだけの表向きでも良いので、花飾りか何かの装飾があれば心癒されるのではないかと思うのであります。地元観光協会や温泉組合は他には無い素晴らしい温泉街の遺産をうまく活用しない手は無いと思うのであります。寂びしすぎる。

それにしても島根には異色な温泉が多いです。数えたらきりがありません。しかし規模は極小ばかり。湯抱温泉、小屋原温泉、三瓶温泉、千原温泉など時々は行きたいですが一度に複数の温泉のはしごはちょっと無理。


次はどこに行こうか? 

関連記事

| 旅行温泉巡礼遍路 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/67-73a34d46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT