PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私がCOPDと診断されるまでとその治療経過

 COPD      慢性閉塞性肺疾患の略称。

私がCOPDと診断されたのは2004年秋。6年目にとなる。定年退職間際だった。既にタバコを止めてから3年程経過していた。タバコを止めたのも慢性気管支炎と言われやむなく止める事が出来た。

しかしその頃、いやその数年前、COPD診断前から痰が常時出るようになっていた。また同時に軽い仕事であっても息切れがしてぜえぜえ、咽頭が痛くて常時咽頭が腫れている状態が慢性化していた。風邪を引くと長引く事が多かった。

ほぼ毎日車の運転を一日数百キロも走っていた。いつも点検してもらう整備工場の社長さんがゴミ入れの大量のティッシュを見て風邪ですか?と聞かれていた。風邪状態が常態化ですと言うと 『そりゃおかしい。ちゃんと医者に診てもらったほうがいいい』 と言われたのを思い出す。

町医者はいつ行っても風邪からの咽頭炎、気管支炎だろうとあいまいな診断。それ以上の診断は無かった。タバコを止めても改善しなかった。それどころかだんだん症状は悪化の一途であった。痰はより多く、口内炎はもうしょっちゅうの状態。咳は殆ど無いが、喉は腫れ、痰はとめどなく。まあ医者に行くときは風邪をこじらせて行くときだからそうかなあとは思っていたのも事実ですが。

いつも行く医者に症状を何度も申し上げても真剣に聞いてもらっているとは思えなかった。ある日ちょっと強く『この状態は何とかならないのでしょうか?』 と言うと 『あなたの云われる症状は充分聞いて処方しています。これ以上どうして欲しいのですか何でもしてあげるから言いなさい。』 と語気を強め言われる。

『症状はいつも申し上げている通りです。どうしたらよいのか教えて欲しいのです。出来ればこういう症状の専門医を紹介してください。』 とついに言う。まあそういうきっかけで国立病院の紹介状を書いていただいたのである。

しかし、ちょっとこのやぶ医者と既に思っていたのでその紹介状を開封、相談した事柄を勝手に自己診断している如く記入しておりました。

その後、別の耳鼻咽喉科医院へ行く。鼻空の病気かもと勝手に自己診断。耳鼻咽喉科で2回目の通院であなたはCOPDの疑いがある。耳鼻科では処置できないので、呼吸器科で専門の病院を紹介しますと言い、現在かかっている呼吸器内科病院を紹介してもらったのであった。

 COPD外来のあるその病院では最初にスパイロ検査ですぐCOPDの疑いと診断。しかしそれ以降、CTなどのたくさんの検査を繰り返し、COPDの診断であった。その頃は無知の為、詳細な説明は受けないまま、しかしCOPDは治らない病気であるが進行は投薬により食い止められる。薬は欠かす事が出来ないといわれ大量の薬や吸入剤を処方される。ついでに胃カメラまで検査した(ピロリ菌が見つかりこれは治癒できました)。

 これでも一向に症状は軽くならない。直らないどころか血糖値や肝機能値まで悪化してきた。薬の副作用が出てきて、糖尿の疑いや肝臓治療まで検討しなければと言われる始末となった。

以上が2005年夏頃までの話である。これからまたこの医者への不信感が黙々と湧いてきたのである。続きは次の記事で書きます。

 
半年ほど続けた吸入薬吸入具のセレベントとスピリーバ。4
これに気管支拡張剤や痰を切る薬や胃薬などが処方される。通院都度ブドウ糖点滴があった。



 ある、COPDブログの御本人から 『紹介状を開封、医者の紹介状を自分で破って中身をみたことはあなたの人格がどんな低いものかを物語るものです。』と人格否定されてしまいました。でも当事者にとっては深刻な問題なのです。表面を捉えた批判は子どもでも出来ます。常識的には確かに恥じ入る行為なのは良くわかっていますよ。

しかしことほど、当時は体調が悪化し、病名が分からず苦しんでいたのです。あえて内容を公開します。ある国立医療センター耳鼻咽喉科宛の紹介状です。

御 依 頼  

途中形式的なもので省略

 ”いつもお世話になります。
2年前に禁煙してから痰が出る様に
なったといわれ来院された方です。
nervous 余方ひ、慢性副鼻膣炎、気管支
拡張症と自己診断(?)されています。
x-p上 肺野は略正常です。咽頭発赤
があります。下記処方で1ケ月服薬しても
良くならず、専門医に内視鏡で見てもらって
診断を受けたいとのことです。(以前〇〇
耳鼻科で受診加療された由)
御高配よろしくお願い致します。”

Rp エリスロシュ(200) 2T
ムコダインDS 3コ

関連記事

| COPDと帯状疱疹 | 22:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コピーをとるのに

紹介状を開封するのに
人格?ですって。くだらない医者ですね。
私は医者に話して先に閉めずにコピーか、写真をとらせてくれと
頼みますよ。というより
患者のための紙なんだから医者に提出したらカルテ等しく隠蔽されてしまう。
なにかあってからでは遅いですし なにが
人格だ。と。

| 抗生物質 | 2017/08/11 16:45 | URL |














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/83-d10861eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT