PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

滝の焼き餅

 徳島の伝承お菓子、滝の焼き餅 


滝の焼き餅は知る人ぞ知る、眉山ロープウェイ駅近辺で売られている素朴な焼き菓子です。どのような伝統があるかは定かではありませんが滝山での花見桜のシーズン、春日神社でのお祭りや七,五、三の時期に屋台の店売りから発展したものの様に思います。

それがいつしか店を構え、お見合いなどの出会い茶屋へと発展したものの様に私は考えております。小生の若かりし頃見合いの席といえばここが思い浮かぶのです。

数軒のお店がいまも健在です徳島駅や眉山ロープウェイのお店でも売られています。徳島では有名な古里の一品です。数年前鳴門の妙見神社の花見シーズンに立ち寄った時、おばあさんの焼餅屋台がありましたので買って食べました。同じ作り方のものでありました。

 ネットでレシピを発見しましたので作ってみました。ダンゴ粉とこしあんを使う作り方です。私が食べたのは荒挽のもち米粉のような気がします。香ばしく焼いた柔らかいせんべい風のような?ちょっと違うのです。少し塩味があったような?それに本物は菊模様の焼き鏝で焼き色をつけます。

そういえば大宰府天満宮参道で売られている 「梅ヶ枝餅」 も似た様な感じでした。風味付けに梅肉を少しいれるとよいかも。

冷えるとかりっとして別物になります。意外と素朴なおいしさなのです。 「眉山」 のDVDでも見ながら食べると古里が瞼に浮かんで参ります。


NPOシニアパワーNW 滝の焼き餅のレシピ他 私のレシピ 

関連記事

| 料理寿司 徳島郷土料理 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/93-b55fffaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT